働くママの暮らしを楽しむ知恵袋

ぽっと明るく♪楽しく豊かな暮らし上手のおすそ分け

敬老の日のプレゼントはいつから?喜ばれるのは食事会と手作りプレゼント

   

敬老の日
 

2016年の敬老の日は9月19日(月・祝)です。

敬老の日とは、老人を敬愛し長寿を祝う日として1966年(昭和41年)に法律で1966年に法律で制定されました。

では、何歳からが”老人”なのか?
お祝いは子供からするものなのか?孫からなのか?

 

今回は、敬老の日のプレゼントはいつからなのか?実際に何を贈ると喜ばれるのか?簡単で素敵な手作りプレゼントを紹介します。

 

スポンサードリンク
  

 

敬老の日のプレゼントはいくつから?

では、敬老の日のお祝いは何歳からなのかというと、それの明確な年齢はありません。

”老人”は、時代によっても違いますし、個人の見解も違います。

日本の医療制度では、65歳から74歳までの人を「前期高齢者」、75歳以上を「後期高齢者」としています。
一般的には、高齢者は65歳以上のようです。

でも、実際の老人は65歳からかというと、少し違います。

今の日本は、65歳を超えても、現役で活躍されている方がたくさんおられます。
そのように現役で活躍されている方を老人扱いすると、逆に不快な思いをされるようです。

日本生命のアンケートでも、敬老の日でお祝いされる対象の年齢は、70から74歳が最も多く、70歳以上からが約半数を占めています。

→ニッセイ アンケート2014年9月「敬老の日」について

 

敬老の日=「祖父母の日」

自分の子供や周りの人たちに老人扱いされるのはイヤな方でも、孫には、優しいおじいちゃん、おばあちゃん。

ですから、敬老の日のプレゼントは孫からお祝いするのが良いようです。
つまり敬老の日は「祖父母の日」ということですね。

でも、孫がまだ赤ちゃんの場合は、赤ちゃんからのプレゼント不自然ですよね。

幼稚園や保育園に入園すると、敬老の日のプレゼントを作ったりします。
孫が自分から敬老の日にプレゼントしたいという時期がきたら、贈れば良いかと思います。

まだ孫が生まれていない、孫が赤ちゃんの場合は、あえて敬老の日のお祝いはしないで、「母の日」「父の日」や「誕生日」にお祝いをすれば良いかと思います。

もちろん、孫がいないからといって、お祝いをしなくてもよいというわけではありませんし、また、孫がおじいちゃんおばあちゃんにお世話になっているのでしたら、このような行事を利用して、日頃の感謝の気持ちを伝えるのは、とても素敵なことです。

 

敬老の日のプレゼントで喜ばれるのは食事会

敬老の日「何を贈りますか?」ランキング
1位 食事・グルメ
2位 衣類
3位 お菓子

敬老の日「何がほしいですか?」ランキング
1位 食事・グルメ
2位 旅行・温泉
3位 現金・金券
6位「手紙・メール」と8位「電話」を合わせると、全体の1割を超え離れて暮らすケースでは、モノよりも気持ちが嬉しいようです。

敬老の日の「何がほしいですか?」という質問の回答には、「食事・グルメ」と「旅行・温泉」の物よりもイベントが嬉しいということです。
今は、2世帯3世帯よりも高齢者のみの世帯が増えているので、祖父母側は子どもや孫と一緒に食事をしたり、旅行を楽しむことを望んでいるようです。

 
→ニッセイ アンケート2015年9月「敬老の日」について

 

おじいちゃん、おばあちゃんと一緒の食事会をするのが喜ばれると分かっても、敬老の日は9月です。
9月というと、夏休みが終わったばかり。
子供たちも新学期が始まって、9月10月は行事が多く忙しくなっていたり、特に遠方に住んでいると、会いに行くのも難しいということもあります。
会いに行けない場合は、やっぱり喜ばれる物を贈りたいですね。

おじいちゃんに喜ばれるプレゼント
1位 お酒
2位 花
3位 和菓子

敬老の日は、9月でまだまだ暑い時期ですから、ビールは喜ばれるプレゼントです。
焼酎や日本酒など、ネットでしか手に入らないプレミアムな逸品も人気があるようです。
※ただし、お酒は好みがありますから、事前にどんな銘柄が好きなのか、聞いておくことをおすすめします。

スポンサードリンク

 

おばあちゃんに喜ばれるプレゼント
1位 花
2位 洋菓子
3位 和菓子

やはり女性に人気なのはお花ですね。
最近は、水やりの必要がなく、3~5年間は美しい状態を楽しめるプリザーブドフラワーが人気が高いようです。

今は、インターネットでいろんなお菓子が売っていますから、賞味期限だけ気を付けてプレゼントすると喜ばれます。

→価格.com「敬老の日ギフト・プレゼント特集2015」

 

長寿を願って「お箸」をプレゼント

日本人が日々使うお箸。
元々箸は、神事に神様が使うものとしてあがめられるほど大切なものでした。
箸は「生命の杖」とも呼ばれ、特に神社で祈祷された『長寿箸』は、おめでたい行事の贈り物として定番です。

敬老の日に、健康と長寿を願う気持ちを込めて、縁起のいいお箸のプレゼントはいかがでしょうか?

 

 

敬老の日のプレゼントに手作りのものを贈ろう

敬老の日のお祝いに食事会をしたり、お花やお菓子のプレゼントがおすすめですが、それにプラスして、メッセージカードや手作りのプレゼントを添えると、大変喜ばれます。
手の込んだものでなくても、手作りというのは格別です。
お子さんと一緒に、おじいちゃん、おばあちゃんへ、世界にひとつだけのプレゼントを作られてはいかがでしょうか。

 

手作りのペン立て

牛乳パックで作るシンプルなペン立て
牛乳パックに色画用紙を貼り、その上から千代紙等を貼って飾り付けをします。
色画用紙の上から、角や口の部分に貼る飾りが補強にもなります。

 

手作りカード

お子さんと一緒に作るのにピッタリ!
お花が立体的に開くかわいくて楽しい手作りカードです。

 

手づくりアルバム

ラッピングペーパー、厚紙で作る手作りアルバムです。
マスキングテープでデコレーションしたり、楽しいアルバムだできます。

 

写真立て

ダンボールと余り布作る写真立てです。
ダンボールで作るので、軽くて簡単に壁に飾ることもできます。

◆出来上がりサイズ15cm×24.5cm

【材料】
・ダンボール
ダンボールは、ビール24本入りの外箱や、宅配小包等のダンボールが加工しやすいです。
・布(55cm×30cm程度)
・キルト芯(なければフェルトを2枚重ねたり、化粧コットンを使いましょう)
・レースやリボン50cm
・プラ板(はがき大)
・ボンド
・洗濯挟み

汚れ防止に牛乳パックの上で作業すると作りやすいです。

 

 

敬老の日のプレゼントまとめ

おじいちゃん、おばあちゃんが、実際に喜ぶプレゼントは高価な物よりも「孫からの手作りカード」や「孫と一緒に過ごす時間」の方が喜ばれるそうです。
今は、核家族が多いので、孫と一緒に過ごす時間が少ないという祖父母が多いです。

敬老の日は、楽しい時間を過ごせるような食事会を企画したり、遠方にいる祖父母には、子どもと一緒に手作りカードなどを贈るのはいかがでしょうか?

外食であれば、子ども連れで行くことになるので、個室のあるレストランを選ぶと、まわりを気にせずゆっくりと家族だけの時間を過ごすことができます。

また、あまり慣れないような雰囲気のお店は緊張します。繁華街よりも住宅街にある落ち着いたお店がおすすめです。
それと、できりだけバリアフリーで通路は広く、トイレは洋式。
急な階段を上がらなければいけないようなお店は避けましょう。

 

敬老の日のお祝いを、家族みんなで、笑顔いっぱいの楽しい時間をお過ごしください。

 

スポンサードリンク

 - 敬老の日 , ,