働くママの暮らしを楽しむ知恵袋

ぽっと明るく♪楽しく豊かな暮らし上手のおすそ分け

赤ちゃんとの冬のお出かけって大変!?私が実践している準備法

      2017/04/11

赤ちゃんの外出って気を遣いますよね。季節が冬ならなおさらだと思います。

私は東北育ちですが寒いのが苦手なので、冬は極力外に出ないように過したいと思っています。
しかし息子が産まれてからそんなことは言っていられなくなりました。

息子の1か月検診が終わったら散歩にでも行こうと考えていましたが、
母から「いきなり外出しないで、予防接種が始まるまで家での日光浴だけにしておきなさい。準備期間も必要だよ」と言われ妙に納得した自分がいたので予防接種が始まる2か月までは外出はなるべく控えていました。
(内祝いのお返しなどは短時間でしたが外出しました。)

私の息子は8月の終わりに産まれたので、予防接種が始まったのは11月の頭でした。
11月というともう寒い季節です。家との温度差もあるので息子が風邪などひかないか?と外出するのが心配になりました。

しかし一回行ってみると思ったより息子は平気そうだったので、私が一人で考え過ぎていたことに気が付きました。
「状況がわかれば怖くないじゃん。」と感じたので毎回下準備をすることにしました。

 

スポンサードリンク
  

まずは行く場所を調べる

私は病院と保健センターに頻繁に行きます。

病院は予防接種で月1回いきます。
この病院で私は不妊治療もしていたので、場所や移動時間、施設の中の状況も大体わかります。

保健センターも市が無料でやっている乳児相談会へ月1回は行きます。
マタニティー教室で行ったことがあるし、大きな案内図があることも知っていたので大丈夫でした。

買い物は近くのショッピングモールは妊娠前働いていたこともあり大丈夫でしたが、問題はちょっと大きなショッピングモールへ行くときは何がどこにあるかわからないので事前にHPで調べました。
「赤ちゃん休憩室の有無」「ベビーカー貸出の有無」は必ず確認しました。

 

天気予報を確認する

スポンサードリンク

お出かけする前日と当日の天気予報は必ず観るようにしています。息子が産まれる前まで私は天気予報をあまり確認せずに出かけていました。
「雨が降れば早く帰ればいいし最悪コンビニとかで傘を買えばいいや」と思っていましたが、一人の時とは全く違うので、天候と気温は観るようになりました。
 

荷物と服装の確認をする

出来れば荷物は少なくしたいところですが、無理でした。
オムツ、おしりふき、ミルクセット、着替え、袋(オムツを捨てられない場合に入れられるように)、おくるみ、ガーゼタオル、おしゃぶりは常に持っていきますが、冬の季節はブランケットを車に一枚置いています。

私は息子と電車やバスにまだ乗ったことがありません。

服装については、カバーオールを使っています。ファスナーの物、ボタンの物、いろんな素材の物がありますが、目的に合わせて使い分けています。

病院では脱ぎ着しやすいようにファスナーで、ずっと着たままもいいショッピングはボタンの物、抱っこで移動することが多い時は抱っこ紐で密着しても苦しくない物(抱っこ紐の調整も一緒にここでしておきます。)と大体ですが分けています。

 

外と屋内の温度差を確認する

保健センターでは温度差が結構あるので、着いたら早めに薄着にさせています。
病院は人の出入りで外からの空気が入ってきて寒い時があるので、おくるみで調整する時もあります。

ショッピングモールは同じ系列店でも温度はそれぞれ違うので、おむつ替えの時に汗を書いてないかなど確認して調節しています。

 

まとめ

1.まずは行く場所を調べる
2.天気予報を確認する
3.荷物と服装の確認をする
4.外と屋内の温度差を確認する

私はまだ公園には連れて行っていません。

連れて行った方が教育にもよいのか保健師さんに相談したこともありますが、「今寒いからお昼とかに出るのもいいと思うけど、お母さんが心配なら無理して出さなくてもいいよ。暖かくなってからでも遅くはないから。
お母さんにストレスにならないなら一日家にいても大丈夫だよ」と教えてくれたので、もう少し暖かくなってから公園には行こうと思っています。

寒い季節でも遊んでいると呼吸器官が鍛えられると聞いたこともありますが、無理しないで自分のペースで冬の季節を一緒に楽しもうと思います。

暖かくして一緒に冬を楽しみましょう!

スポンサードリンク

 - 子育て, 赤ちゃん