働くママの暮らしを楽しむ知恵袋

ぽっと明るく♪楽しく豊かな暮らし上手のおすそ分け

お宮参りで母親はどんな服装がいいの?私が行った4つの準備

      2017/04/13

お宮参りは、赤ちゃんが産まれて、初めての行事ですよね。

「初めての行事だから大切にしたい」
でも、初めてだからこそ分からないことだらけ…

「赤ちゃんの服装は、何となくはわかるけど、母親の私は何を着ればいいの?」と悩む人も、いると思います。

私もそうでした。

「着物を着るのか」「スーツがいいのか」「それとも授乳口のある服か」と選択肢が多く、調べれば調べるほど、何が正解なのか、わからなくなりました。

そこで、お宮参りの準備とともに、服装を決めて行きました。

 

スポンサードリンク
  

和服か洋服か決める

赤ちゃんが着物の場合、主役の赤ちゃんに合わせて、母親も着物にするべきと、一般的には、言われているようです。

でも、着物って準備するのも、着るのも大変で、動きづらいですよね。

また、着ているときは、授乳が出来ません。

私は、母乳とミルクの混合で、息子を育てているので、授乳が出来るようにと考え、洋服に決めました。

 

新しく服を購入するのか

洋服に決めたとしても、自分で持っているもので、済ませるのか、それとも新しく買うのか、悩みますよね。

私は妊娠前に着ていたスーツが、出産して入らなくなっていたので、授乳口があり、体型もカバーできる、ゆったりとしたワンピースを買いました。

妊娠前のスーツやフォーマルなワンピースが、まだ入る人はそれでもいいと思いますが、授乳服を1着は買っても損はありません。

授乳中に、結婚式やお呼ばれしたとき、またそれを着ればいいので無駄にはならないと思いますよ。

 

母と義母に服装の相談をする

お宮参りは、赤ちゃんが主役ですが、誰が参加するのも決めて、参加者の服装は合わせた方が、無難だと思います。

私は、両家の親も呼ぶことにしていたので、母と義母に服装の相談をしました。

相談と言っても「私は洋服にしたいのだけど、お母さん達も洋服でいいかな?」という、簡単なものです。

母には「着物なんて着るのが大変だし、あなたが授乳できないだろうから、洋服でいいわよ。
そもそも赤ちゃんが、主役だから、親は目立たない、楽な服装で充分よ」と言われました。

スポンサードリンク

義母も「私、息子たちのお宮参りは、やったことがないから、わからないけど、着物は大変だから、洋服でいいわよ。みんなに合わせるわ」と言ってくれました。

なので、私は洋服で最終決定しましたが、地域やお家柄によっては、着物が主流の所もあると思います。

事前に、母や義母に確認しておくのも後のトラブルの予防になると思うので、相談するのが良いと思います。
また、夫婦と赤ちゃんだけで参加する場合は、自分が着たいもので良いと思います。

 

当日のスケジュール確認をする

私は、神社と食事会は、両家の親とともに行いました。
写真館へは、後日、私たち夫婦と息子の3人で行きました。

お宮参りは、息子が生後2か月の11月の始めでした。当日は寒かったので、ワンピースの上にトレンチコートを羽織って行きました。

神社と食事会の日は、所要時間は3時間ほどでした。

祈祷は12時予定でしたので、各自、家で準備をして15分前に神社集合としていました。
我が家から神社へは、車で10分くらいなので、11時に準備しても余裕でした。洋服にしたので、準備も楽でした。

祈祷後、集合写真を撮って、昼食の時間に合わせて、食事するお店へと移動しました。
食事後は、そのまま解散するので、着替えていません。
食事するお店は、1か月前に予約をして、個室とコース料理を用意してもらいました。

私が行ったお店には、授乳室はありませんでしたので、授乳ケープを持っていきました。
しかし、息子は、解散するまで、ぐずらなかったので、授乳しませんでした。

後日行った写真館は、所要時間が4時間以上かかりました。

撮影が長く息子がぐずり、授乳室ではなく、メイクルームの一角をお借りして、授乳をしました。
正直、撮影時間が、あんなにかかるなんて思っていませんでした。

授乳口がついている服で助かりました。

授乳する場合、どこでもできるわけではないので、授乳ケープを、一枚持って行くと便利だと思います。
私はいつもお出かけには、授乳ケープとミルク、哺乳瓶、お湯、おむつ、おしりふきは持って行きます。

 

まとめ

1.和服か洋服か決める
2.新しく服を購入するのか
3.母と義母に服装の相談をする
4.当日のスケジュール確認をする

初めてのお宮参りで、母親の服装を決めるのは、難しいかと思います。
でも、主役は赤ちゃんなので、お母さんは「赤ちゃんのお世話がしやすい」「動きやすい」に、重点を置くと、選びやすいと思います。

一生に一度の「お宮参り」をいい思い出にしてくださいね。

スポンサードリンク

 - イベント, 子育て, 赤ちゃん, お宮参り