お宮参りで赤ちゃんに負担がかからない服装は?4つの確認事項

      2017/04/13

お宮参りは、赤ちゃんにとって「初めての行事」ですよね。
産まれて初めて、神様にあいさつに行くものです。

不安もあると思います。

「生まれて間もない、小さな赤ちゃんを、外に出しても大丈夫?」
「着物とか、セレモニードレスを着せるのは、赤ちゃんにとって負担にならない?」
など、考えたり、調べたりしてたら、キリがなくて、余計混乱してきますよね?

私もそうでした。特に息子に着せる服装は悩みました。

一生に一度の行事なので「息子になるべく、負担がかからない服装」を考えました。

 

スポンサードリンク
  

お宮参りに行く季節と月齢

息子は8月の下旬に産まれました。

通常は、生後1か月頃に、お宮参りへ行きます。
しかし、私は里帰りをしていたので、息子が生後2か月をすぎた11月の中旬に行きました。

生後2か月を過ぎたので、予防接種の1回目も終了し、体も少し大きくなりました。
なので、生後1か月のときより、息子の体にかかる負担への心配は少し軽くなりました。

ただ、11月というともう季節は「秋から冬へ」となる時期ですよね。
日によって寒暖差があります。
なので、当日は温度調整がしやすいように、ブランケットを一枚持って行きました。

 

母や義母に聞く

母と義母に相談したら、「赤ちゃんの産着は着る機会が少ないから、わざわざ買うのはもったいないよ」と言われたので、レンタルすることにしました。

我が家の場合は、旦那の産着はなかったのでレンタルしましたが、もし、旦那さんの産着がとってあるのなら、親子で同じ着物を着るのもいい記念になると思います。

 

レンタル先を決める

今はネットで申し込めば、全国各地からレンタルすることができるので迷いますよね。

私も「着物をレンタルするのはいいけど、どこから借りよう?」と迷いました。
私はお宮参りした翌日に、写真館での記念撮影を予定していました。
先にお宮参りだったので、着物のレンタルを始めにしました。

レンタルしたのは「大手の着物レンタル会社」で、私が大学の卒業式での「着物・袴」を借りたところでした。

スポンサードリンク

その会社は、大学の卒業式に向けて展示会を校内で開いていました。種類が豊富で、実際に着てみても、肌触りがよかったのを、思い出したので、即決で決めました。
一度、借りたことがある会社だったので、品質については、安心して借りました。

レンタルした内容をまとめると、
・お宮参り3日前到着・翌日返却(ネット予約一律)
・料金5,000から30,000円(着物のランクで変わる)
・ネット予約は20%オフ(2回目からの利用割引などはありません)
・バンド付箱で郵送(着物・帽子・スタイ・着物のきかた説明書・明細書・返却用伝票入り)
・返却はコンビニでも送れます。

私は汚れ保障(540円)をつけて、18,000円くらいかかりました。
説明書通りに着せれば、簡単にできます。
クリーニングも不要で、使用後はそのまま箱に入れて送ればいいので楽でしたよ。

しかし、後日、電話で写真館の予約を入れたときに、
無料で、お宮参りの時も着物レンタルできることが判明しました。

写真館を先に予約して、無料レンタルすれば安く済んだと思います。
記念撮影の時は、レンタル品はもう返却していたので、写真館で衣装を借りました。
ただ、種類は少なかったです。
「種類が少なくてもいいから、安く済ませたい」と思っていて、記念撮影も考えているのであれば、写真館から予約をした方がいいですよ。

私は「衣装に、お金を使いすぎた」と少し後悔しています。

 

当日着物の中に着せるもの・持ち物

神社で赤ちゃんが、着替えられる場所があったので、着物はビニール製のバックに入れて行きました。
神社で着替える場所があるのか、予約の段階で聞いておくといいです。

着物の中は、普通の肌着とカバーオールを着せました。

祈祷の後、食事会がありましが、息子は神社にいる間しか着物と付属の帽子・スタイを付けていません。

ちなみに、息子は帽子を嫌がり、祈祷中に「はずしくれー!」と言わんばかりに泣いたので、早々にはずしました。

私たちの他に一組、お宮参りの家族がいました。
女の子でしたが、同じく着物でした。

持ち物としては、お出かけの時に、必ず持つ物(オムツ・おしりふき・ビニール袋・哺乳瓶・ミルク・授乳ケープ・タオル)以外に、先ほどあげた、ブランケットを一枚持って行きました。

当日は寒かったので、外に出るたびに、息子を包みました。
ブランケットは、とても役に立ったのでおススメです。

 

まとめ

1.お宮参りに行く季節と月齢
2.母や義母に聞く
3.レンタル先を決める
4.当日着物の中に着せるもの・持ち物

小さい赤ちゃんを連れての、お宮参りは、本当に気をつかうと思います。
主役の赤ちゃんが、快適に過ごせるように、準備頑張ってください。

赤ちゃんと家族のいい思い出になるといいですね。

スポンサードリンク

 - イベント, お宮参り