働くママの暮らしを楽しむ知恵袋

ぽっと明るく♪楽しく豊かな暮らし上手のおすそ分け

荷物を減らしたいママ必見!赤ちゃんと外出するときの持ち物とは?

   

赤ちゃんとはじめての外出はとってもドキドキしますよね?

ママもわからないことばかりで、忘れ物しちゃったり、逆に多く持ちすぎてしまったり。

私も、荷物は多いのに必要なものは持っていなかったり、何度も失敗しました。
忘れ物があると、それだけで不安ですし、外出を十分に楽しめなくなってしまいます。
私の経験を参考に、最低限コレを持てばOK!というものをまとめてみました。

 

スポンサードリンク
  

絶対に持って行くものはこの4つ!

1.オムツ・おしりふき
2.着替え
3.ミルク
4.母子手帳・健康保険証
この4つさえ押さえておけば、後は何とかなります!

 

現地調達はあり?

赤ちゃんとの外出は、荷物が多いからすこしでも減らしたい!というのがママの本音ですよね?
ですが、荷物を少なくするために「外出先で買えばイイよね!」という甘い考えで出かけると、痛い目にあいます。
私も子供を産んではじめてわかったことですが、ベビー用品は気軽にその辺では買えません!

基本的には現地調達できないもの、と考えたほうがいいでしょう。

 

持ち物の詳細や数など

オムツ・おしりふき
オムツくらいコンビニに売っているでしょ?と思っていませんか?

私は思っていました。
女性用紙ナプキンの感覚で、小包装のものが売っているだろう、と。

売っていません!

薬局やドラッグストアでは売っているところもありますが、知らない店内でオムツを探すのは大変です。
お店によっては取り扱っていないところもあります。
都心に行けば行くほどこの傾向は強く感じます。
ですので、電車で都心にお出かけ、という場合は、十分な量のオムツを忘れずに持っていってください。

新生児期は、1時間に1枚+予備を2枚くらい持っていけばいいでしょう。

3時間のお出かけであれば5枚という感じです。
まとめて排泄するようになったら、その子のリズムに合わせた枚数に予備を2枚くらい足して持っていくと安心です。
おしりふきと、汚れたオムツを入れるビニール袋も忘れずに!

 

着替え
コレも荷物を減らしたくて外しがちなアイテムですが、私は持っていくことをオススメします。

なぜなら、私が何度も持っていかなくて失敗しているからです。

持っていないときにかぎって、吐き戻して服をビシャビシャにしてしまったり、オシッコがもれてしまったり。

オシッコならまだイイですが、ウンチだともう最悪です・・・

こうなってしまうともう、外出を中断せざるを得なくなって、悲しい思いをして帰ってきたことが何度もあります。
そしてこちらも現地調達がむずかしいアイテムです。
ユニクロなどでもベビー服は売っていて、すぐ買えるじゃない?と思うかもしれませんが、
想像してみてください、服が汚れて泣いている赤ちゃんを連れて、ベビー服を選ぶ余裕がありますか?

スポンサードリンク

まず出来ませんよね・・・
持って行って、何も起こらなければラッキー☆くらいの感覚で、お守り代わりに持って行ってください!

 

ミルク
ミルクもオムツ同様、コンビニには売っていません。

持ち歩く場合は、計量不要のスティックタイプや、キューブタイプが便利です。

ミルクをとかすお湯は、おうちで沸かして水筒に入れて行けばOKです。
常温のお水を持って行くと、冷ます手間が省けて便利です。
ミルクを出来上がりの半分の量のお湯でといてから、残りの半量の常温のお水を足せば、すぐに飲ませてあげられます。

ただし、ミルク+哺乳瓶+水筒(お湯)+お水が、一番重くてかさばるんです(泣)

お水にこだわりがなければ、コンビニなどで買ってもいいでしょう。
行き先がショッピングモールなどであれば、授乳室にミルク用のお湯が用意されている場合もあるので確認してみてくださいね!
ただし、荷物になるからといって、ミルクを先に溶かして持っていくのは衛生上止めましょう。

 

母子手帳・健康保険証
特に持って行って必ず使うわけではありません。

私も常に持ち歩きますが、必要になった経験は無いです(笑)。
ただ、赤ちゃんは環境の変化に敏感ですし、もしもの時にあわてないように持って行きましょう。
常用しているお薬があればお薬手帳も忘れずに!

 

実はあまり使わないアイテム

よく持ち物リストにあげられていますが、実際は使わなかったものがこちらです。

・授乳ケープ

私は、基本的に母乳育児だったので、外出先で授乳することもありました。
ですが、授乳ケープは使わない、というか使えませんでした。

初めて使ったのはお宮参りのときで、神社には授乳室などが無いため、授乳ケープを持って行きました。
いざ使おうとしたら、いつもと違う授乳スタイルに赤ちゃんがビックリしてギャン泣きしてしまいました。
普段お家では付けていないので、相当イヤだったのでしょうね。
結局、待合室のすみっこで壁に向かって授乳しました。
それ以来使っていません。

後になって考えてみれば、授乳ケープが必要な場面ってそんなにありませんでした。

ショッピングモールなどであれば授乳室がありますし、
無くてもちょっと広めのパウダールームがあれば、あまり人目を気にせずに授乳できます。
車で外出のときは、車内が見えないように工夫すればOKです。
電車で外出のときは少し困るかもしれませんが、あまり長時間電車に乗る機会がなかったのでわかりません・・・

そしてこれはママ友から聞いた話ですが、
新幹線で授乳するときは、車掌さんに声を掛けると多目的室(?)という普段は利用できない場所を空けてくれるそうですよ!
ちょっと知っていると便利ですよね!

 

まとめ

必ず持っていく持ち物は、オムツ、着替え、ミルク、母子手帳の4つです。
その他は、TOPにあわせて調整しましょう。

最後に、これは持ち物ではありませんが、移動手段の確認をしましょう。

徒歩なのか、電車なのか、車なのか。
それによって赤ちゃんも、抱っこ紐なのかベビーカーなのか変わりますので。

ベビーカーは荷物が多いときや、手が空いたほうが良いときは便利です。
ですが、バスや電車を利用して、たたんで運ぶ場面があるとかなり大変です。
ショッピングモールなどでは、貸し出している場合もあります。

移動中は抱っこ紐を使用して、お買い物中は貸し出し用ベビーカーを利用するとママの負担も軽くなります。
ぜひ確認してみましょう!

しっかり準備して、赤ちゃんとの外出を楽しんでくださいね!

スポンサードリンク

 - 子育て, 赤ちゃん