働くママの暮らしを楽しむ知恵袋

ぽっと明るく♪楽しく豊かな暮らし上手のおすそ分け

赤ちゃんサンダルの選び方は?気をつける3つのポイントとおすすめサンダル!

   

赤ちゃんの靴選び、ママはとっても気を使いますよね。
暑い季節、靴の中の蒸れが気になって、サンダルを履かせたい!と考えるママも多いのではないでしょうか?

私には2歳になる息子がいます。

お散歩のつもりでお出かけしていても、水の音が聞こえると、暑い季節はしょっちゅう、スニーカーのまま、水場へ突入していました。
そうすると、靴が蒸れてすごい臭いになるんですよね・・・

「コレが赤ちゃんの靴の臭い!?」って疑いたくなるほどです。
そこで仕方なく、サンダルを履かせるコトにしました。
ですが、いざ選ぼうとすると、たくさんあって迷いますよね。

そこで、私が赤ちゃんのために選んだサンダルと、その選び方についてまとめてみました。

 

スポンサードリンク
  

サンダル選び3つのポイント

サンダルを選ぶ際に気にしたのが、以下の点でした。

靴ズレしないコト
足首、指を守るコト
お手入れしやすい素材であるコト

この3つです。

とにかく、赤ちゃんの足にやさしいコトが第一条件でした。

サンダルというと、「靴ズレ」のイメージがあって、赤ちゃんには履かせたくないな、というのがホンネでした。
ですが、水遊びの時もスニーカーというわけにはいかないので、サンダルを履かせるコトにしました。

実は、上記のサンダルを買う前に、ばぁばが買ってくれていたサンダルがありました。

靴底に、マジックテープで留めるバンドが2本あり、足首と足の甲を留めるものでした。
大変履かせやすかったですし、合成樹脂でできていてお手入れも簡単でした。

しかし、指先が飛び出してしまうコト、砂利や小石がすぐに入ってしまうコトが気になり買いかえました。

 

靴ずれしないコト

1つ目の選ぶ基準となったのは「靴ズレしないコト」です。

実際、このコトは、あまり心配しなくても大丈夫でした。
今のベビーサンダルは、赤ちゃんの足のことを良く考えられて出来ていますね!

結果として2足使用した訳ですが、どちらも靴ズレは一切ありませんでした。
大人はきっと、無理のあるサンダルを履くので靴ズレしてしまうのでしょうね。
おそらく、どのメーカーのモノでもその辺りは考えて作られていそうです。

スポンサードリンク

ただし、ビーチサンダルのようなタイプや、ベルトなどが細いものは避けたいところです。
肌と擦れて、靴ズレがおきてしまいそうです。

 

足首、指を守るコト

2つ目の基準となったのは「足首、指を守るコト」です。

赤ちゃんの足はまだ柔らかいので、足首をしっかりホールドしていないと、ねんざをしたりしないか心配でした。
また、簡単に脱げてしまっても意味がありません。

足首をしっかりとホールドできるものを選びました。

サンダルらしいのは、足の指が出ているタイプなのですが、指が出ているとケガも心配ですし、砂利や小石がすぐに入ってきてしまいます。
つま先が付いているタイプがオススメです。

 

お手入れしやすい素材であるコト


3つ目の基準となったのは「お手入れしやすい素材であるコト」です。

やはり、サンダルなので水の中にジャバジャバ入ります。

また、赤ちゃんって結構、足の裏にも汗をかきますね。さわるといつもペタペタしています。
濡れても汚れても、すぐに乾いて、汚れもふき取れる素材がイイです。
ウェットスーツのような素材や、合成樹脂なんかです。

 

私が選んだサンダル

アディダス ベビーサンダル ファン Infant

とにかく、すぐ乾いてくれるのが助かりました。すぐ乾いてくれるので蒸れたりすることもありません。
お手入れもしやすくて、スニーカーのように臭くもなりませんでした。
履かせやすくて、脱げにくいです。

靴ズレは一切ありませんでした。

また、ねんざ等の靴によるケガもしませんでした。

最初のスニーカーは、靴の中に砂利や小石が入ってしまいましたが、それがありません。
息子も水遊びに集中出来たようです。

指が出ないので、ケガの心配がなく、安心していられます。

色使いがオシャレ!で夏らしいファッションのポイントになります。

 

おまけ

サンダルデビューはいつからでしょうか?

ズバリいつから!という明確な答えはありませんので、私の息子の場合をご紹介します。

1歳半で歩き出し、2歳になる夏にサンダルデビューしました。
計算してみると、歩き始めて6ヶ月経ったころですね。
その頃になると、歩き方もシッカリしてきますし、安心して履かせられるのではないでしょうか。

暑い季節、ベビーサンダルにはきかえて、夏のお出かけを楽しみましょう!

スポンサードリンク

 - 子育て, 赤ちゃん水遊び ,