京都へお散歩へ哲学の道と銀閣寺と喜み家の豆かん♪

      2016/05/13

s-01_哲学の道

行ってきました”京都へお散歩”

京都散歩のはじめの一歩は、哲学の道と銀閣寺にしました。

哲学の道は、若王子神社から銀閣寺まで約2kmほどの琵琶湖疎水沿いの道。

新緑、アジサイ、紅葉など、四季折々に美しく、
特に、桜のトンネルが続く春は、多くの観光客で賑わうそうです。

 

紅葉にはすこしはやい時期でしたが、
お天気も良くて、とっても気持ちよくお散歩できました。
 

スポンサードリンク

 

岐阜からJRで京都まで行き、

京都駅からはバスに乗り、宮の前町で降りて、
熊野若王子神社にお参りしてから哲学の道を歩きました。
 

哲学の道お散歩ルート

 

私の家の最寄り駅 JR岐阜駅から出発です!

07:56 JR岐阜発 JR東海道本線特別快速 米原行

08:44 JR米原着
08:48 JR米原発 JR東海道山陽本線新快速 姫路行

09:43 JR京都着
京都駅 バスターミナル D1乗り場から銀閣寺方面のバスに乗って、
 

宮の前町のバス停で降り、熊野若王子神社へ
 

s-03_熊野若王子神社

 

熊野若王子神社の本社には、天照大神など4神がまつってあるそうです。

そして、境内入口には、神木の梛(なぎ)が枝をのばしていて、
梛の葉を封じたじたお守りは、
どんな苦難も薙ぎ払(なぎはら)ってくれるといわれています。

 

そして、熊野若王子神社を出て、哲学の道へ

 
哲学の道に入り、大豊神社 ~ 法然院 ~ 銀閣寺へ向かいます。

 

s-02_哲学の道2

 

5分くらい歩いていくと、大豊神社に着きます。

 

この神社には、珍しい狛ねずみがいます。

本殿に向って右にある小さな「大国社」
縁結びの神・大国主命(オオクニヌシノミコト)をまつる。
そこにいるのが愛らしい狛ネズミ。

これは、「古事記」に出てくる神話に、
この社の祀神”大国主命(おおくにぬしのみこと)”が、
野火(山火事)で危機にさらされている時に、
ネズミが現れて助けてことから由来するそうです
 

s-04_大豊神社狛ねずみ

右側のネズミさんは学問を象徴する巻物を持っていて、
左側のネズミさんは豊穣を象徴する水玉を持っています。

 

大豊神社を出て、10分ほど歩くと、次に法然院に到着。
 

s-05_法然院

スポンサードリンク

 

s-06_法然院2

 

法然院は、鎌倉時代に、法然が弟子の安楽、住蓮と共に
六時礼讃行を修した草庵に由来するといいます。

 

法然院を出て、銀閣寺へ向かう前に

一休みということで、甘味処・喜み家さんへ

 

今回のお散歩は、喜み家さんの”豆かん”を楽しみに出かけてきました。(*^^*)

 

s-09_喜み家 豆かん

 

s-08_喜み家

 

お店はこじんまりとした広さで、入ってすぐ右に1テーブル。
そこから階段を降りたフロアに5テーブルの小さなお店です。

私が入った時は、先客もなくゆったりとした空気が流れていました。
 

”豆かん(600円)”は、塩ゆでの赤エンドウ豆と寒天に黒蜜が掛かったもの。

赤えんどう豆にほどよい塩気と
豆がしっかり歯ごたえ(!?)もあって、ちゃんと噛んで食べるから、
食べ応えがあり、小腹が満足します。
黒蜜も上品な甘さでした♪

喜み家さんで糖分補給して、ふたたび出発!

 

銀閣寺へ向かいました。

 

さすがの銀閣寺は、観光客がいっぱいでした。

銀閣寺内はコースのしたがって歩くと、庭園、本殿などを
さまざま角度で見られ、東山のふもとの木々など見られます。

 

s-11_銀閣寺庭から

 

s-10_銀閣寺

 

久しぶりの京都。
はじめてのひとり旅だったので、なんだか
緊張してたのか、気張りすぎたのか
すこし疲れちゃいました。でも、

いいものですね、ひとり旅。

 

次の京都は、どこをお散歩しようかな。。。

 

今回の京都お散歩のルートは、
歩く地図 京都散歩 2016”の
36ページから39ページを参考にしました。

 

 

歩く地図 京都散歩 2016 (SEIBIDO MOOK)はこちら

 

スポンサードリンク

 - 京都 , ,