働くママの暮らしを楽しむ知恵袋

ぽっと明るく♪楽しく豊かな暮らし上手のおすそ分け

夫の実家に帰省する際喜ばれる手土産とは?私がオススメする裏ワザも紹介!

   

年末年始やお盆など、長期休暇の時は両親の元に帰省されるコトでしょう。
実家とはいえ、帰省の際はマナーとして、手土産を持参する方も多いのではないでしょうか?
ですが、毎回何を持っていけばイイのかと頭を悩ますのがこの手土産。

私は、お盆と正月の年に2回帰省するのですが、その都度迷っていました。
しかし、「こうしよう!」とパターンを決めてしまったらほとんど迷わなくなりました。

いくら位を目安に選べば良いのか、どんなモノを選べばよいか、喜んでもらえるちょっとした裏ワザをご紹介します。

 

スポンサードリンク
  

手土産はいくらくらい?

夫の実家の分は、3000円を目安に選びます。
余りやすくても、手抜きの感じが出ますし、高くても気を使わせてしまいます。
年に2回の帰省であれば、このくらいの金額が妥当ではないでしょうか?

帰省の際は、母方の実家にも立ち寄るので、その分も用意します。
そちらは、1500円を目安に選びます。
いとこ夫婦や、思いがけない親戚にあった場合も予想して、少し多めに用意していきます。
余れば、自分で消費するだけですので・・・(笑)

 

どんなモノを選ぶ?

やはり、無難なのは菓子折りです。
自分が住んでいる地域の特産品や、話題の商品、自分がオススメのモノから選びます。
住んでいる地域の特産品は、あまりバリエーションが無いので、直ぐネタ切れになってしまいました。
ですが、その地域に住んでいるんだな~と、分かりやすいのがイイ点です。
地元で話題の商品や、新しくできたお店の商品などを持って行くと、こちらの様子も伝えられます。

最初の頃は、「毎回違うモノを用意しなくては!」と、がんばっていました。
しかし、もらう方は、そこまで気にしていない様です。
前々回と同じモノを渡したコトがありましたが、何も言っていませんでした。(本音はわかりませんが・・・)
こういうものは気持ちなので、あまり気にしないのかもしれません。
さすがにその時は、私も気になっていたので、「以前持ってきたモノと同じなのだけど・・・」と一言添えて手渡しました。

スポンサードリンク

あまり気にしないのだな~と気がついてからは、地域の特産品か地元の洋菓子店の焼き菓子詰め合わせの数種類の中から、ランダムで選ぶようにしています。
そうすれば、迷う必要も無いですし、「私達が帰省すると、このお菓子がある」という印象付けにもなります。

 

数と賞味期限にも注意!

お菓子の数と賞味期限にも気をつけましょう。

生ものの場合は、人数分で、かつ多すぎない(食べきれる)量を選びます。
すぐに食べてもらうために、渡す際に「お茶の時間に食べましょう!」と誘ってしまうのも一つの手です。

焼き菓子などでも、田舎だと、手土産をもらっても直ぐに開けない場合もあります。なるべく賞味期限の長いものを選ぶ様に心がけると良いでしょう。
賞味期限が短い物は、渡す際に「賞味期限は○日までだよ!」と、伝えた方が親切です

 

私のオススメの裏ワザ

菓子折りの手土産の他に、私が持参するモノがあります。
それは、「ゴハンのおかずになる一品」です。

実家に滞在していると、食費などで少なからず両親に負担をかけるコトになります。
そんな時、ゴハンのおかずになる一品を持参すれば、さりげなくお手伝いをするコトが出来ます。
単に、自分が食べたいモノを自由に食べたいという理由もあります(笑)。
食事時の、会話のネタにもなるのでオススメですよ!

ちなみに、この裏ワザを使うときは、手土産の菓子折りは少し値段を落として2000円位のモノを用意します。
手土産よりも、正直こちらの方が喜んでくれている印象があります(笑)。

夫の実家の人は、お酒は飲めないのですが、飲める方の場合はお酒でもいいですね!

 

まとめ

・手土産は、3000円(場合によっては2000円)を目安に選ぶ。
・内容は、特産品や地元のモノを中心に、菓子折りが無難。
・数や賞味期限にも注意して!相手が食べきれる量を。
・お菓子意外にも、ゴハンのおかず系・お酒もオススメ!

私は、あまりブランドや金額にこだわらなくてもイイと思っています。
自分が食べて美味しかったモノや、一緒に食べたいモノを選ぶと、会話も膨らみますし、喜ばれますよ!

スポンサードリンク

 - イベント, 暮らし, 帰省