妊婦さんが体重管理のために出来る運動は?気をつける点はある?

   

妊娠中は、とにかく体重管理に気をつけますよね。
食事に気を付けるのはもちろんですが、簡単な運動をするのもオススメです。
運動をするコトで、消費カロリーを増やすコトが出来ます。
では、妊婦さん向けの運動はどんなモノがあるのでしょうか?

私が出産した病院では、安定期に入った妊婦さん向けにマタニティヨガの講座が開かれていました。
希望者は、先生に了承を得て、受講するシステムです。

妊婦さん向けの運動と、どんなコトをするのか、気をつける点などをまとめてみました。

 

  

運動をするメリットは?

やはり、妊娠中というコトもあって、体調には気を使いますよね。
運動したコトで、お腹の赤ちゃんに影響が出ないかも気になります。
かといって、ジッとしていてもストレスが溜まります。

運動をするコトで、筋力の低下を抑えられますし、出産に必要な筋力を補うコトもできます。
また、体を動かすコトで、イイ気分転換になります。
講座や、サークルであれば、プレママ同士の繋がりも得られます。

運動して少しでも体力を付けておくことで、産後の回復が早くなります。
なにより、出産後こそが本当の体力勝負です。なので、動ける今こそ運動しておくべきだと私は思います。

調べると結構いろいろな場所で、マタニティ向けの講座が開かれていたりしますよ!
どうしても心配な方は、まずは、病院主催の講座に参加してみるといいでしょう。

 

運動って何するの?

マタニティヨガ・マタニティビクス・マタニティスイミング。妊婦さん向けの運動はいろいろあります。
どれも、運動といっても、スポーツの様な激しい運動をするわけではありません。

私は、病院のマタニティヨガ講座を受講しました。
ストレッチの様な、ゆっくりとした動きがほとんどです。

この講座を受講する前に、ネットで調べて独学で、マタニティヨガを実践していました。
しかし、やり方があっているのか正直わからず、何だかモヤモヤしていました。
そんな時、病院の講座があるコトを知って受講しました。

百聞は一見にしかず!
実際に目の前でやってもらえると、こんなに分かりやすいんだ!と驚きました。
自宅でも簡単に実践できるモノばかりなので、「マタニティヨガ」オススメです。

お友達は、マタニティスイミングに通っていました。
プールの中で、ウォーキングしたり、エクササイズしたりするそうです。
浮力があるので、動きやすくて、体が軽くなった様で楽しかった!と言っていました。

 

気をつける点は?

お腹が張ったり、気分が悪くなったら直ぐに休憩しましょう。
無理は決してしないコトが大切です。

妊婦さん向けの講座では、インストラクターの先生以外に、助産師さんが付いてくれる場合があります。
心配な場合は、その辺りの有無を確認すると安心です。

マタニティスイミングの場合は、事前にお医者さんの了承が必要な場合があります。
検診の際に確認してみて下さい。

 

最後に・・・

実は私は、「おしるし」があってから「出産」するまでに丸一日時間がかかりました。
陣痛が、20分間隔からなかなか進まず、病院からは自宅待機を言い渡されていました。

最初は、自宅で安静にしていました。
しかし、あまりに暇だった私は、近所に買い物に行ったり、家の掃除を始めたりしました。
どうせこのまま入院してしまうんだし、今のうちにやっておこう!思ったんですね。
すると、あんなに進まなかった陣痛が突然進み、超安産で出産するコトが出来ました。

後で助産師さんに聞くと、買い物(歩くコト)、掃除(床の雑巾掛け)、運動(階段の昇り降り)は妊婦さんにちょうど良い運動だった様です。

決して、いい見本であるとは思いません。
しかし、赤ちゃんのためには「絶対安静」だけがベストでは無いと体感した出来事でした。

妊娠中だからと、慎重になる気持ちも分かります。
ですが、少し体を動かして運動すると、何よりママがリラックス出来ます。
ぜひ、無理の無い範囲で取り入れてみて下さいね。

 - 妊娠・出産