働くママの暮らしを楽しむ知恵袋

ぽっと明るく♪楽しく豊かな暮らし上手のおすそ分け

初めての離乳食の進め方は?先輩ママが教える大まかな流れと反省点

   

赤ちゃんが生後5ヶ月を迎えると、そろそろ離乳食を始めようかな・・・と考えるママも多いでしょう。
今までミルクや、母乳しか飲んでいなかった赤ちゃんに食べ物を食べさせるのは緊張しますよね。
果たして、これであっているのか?と不安にもなります。

私の場合、息子が生後6ヶ月の頃、離乳食をはじめました。
離乳食について全く知識が無かったので、離乳食のレシピ本を1冊購入しました。
しかし、本の通りに離乳食が進まなくて、不安になった経験があります。

私の経験をもとに、離乳食の進め方についてまとめてみます。

 

スポンサードリンク
  

離乳食はいつから始める?

母子手帳やレシピ本などを見ると、生後5・6ヶ月頃からとあります。
私は、生後6ヶ月目の終わり頃から始めました。
周りのママ共に聞くと、1人目よりは2人目の方が早まる傾向にある様です。
また、人によっては7ヶ月や8ヶ月で始めるなど、もっと遅い人もいる様です。

6ヶ月で始めた息子ですが、その頃、食べ物への興味がほとんどありませんでした。
考えてみれば、ひとり座りもようやく出来た頃で、一緒に食卓につくコトもいままで無かった訳です。
親が食事をする所を見せていなかったので、興味を持てという方がおかしいかもしれません。

なので、いきなり食べさせるのでは無く、まず一緒に食卓につくコトから始めるとイイかもしれません。
また、男の子よりは女の子の方が食に興味があって、離乳食もよく食べる様に感じます。

 

 

離乳食の進め方の流れ

離乳食1ヶ月目(生後5~6ヶ月頃)

最初は1日1回、少量からです。
すりつぶした10倍がゆ(おもゆ)を小さじ1杯から始めます。
だんだんと量を増やし、1ヶ月後には、大さじ3杯くらいが目安です。
おもゆを作るのが面倒であれば、米粉をお湯で溶くと簡単ですよ。

うちの息子は、なかなか食べてくれず、イロイロ試しました。
出汁を昆布とカツオでしっかりと取ったり、ベビーフードも試したりしました。

 

離乳食2ヶ月目(生後6~7ヶ月頃)

慣れてきたら1日2回に増やします。
10倍がゆも少し粒を残して与えます。
品数も、1品から2品、3品と増やします。
白身魚やほうれん草、カボチャなどをすりつぶしたモノを与えます。
2ヶ月目の終わり頃には、1回の食事の量が大さじ4杯くらいを目安にします。

スポンサードリンク

この頃、うちの息子がよく食べてくれたのは、さつまいもとリンゴでした。
さつまいもは、焼き芋を裏ごししたモノです。
リンゴはベビーフードを利用しました。

 

離乳食3ヶ月目(生後7~8ヶ月頃)

口を閉じてモグモグ出来るようになってきたら、舌で潰せるかたさにします。
絹ごし豆腐くらいのかたさが目安です。
おかゆは10倍がゆから7倍がゆにします。

ニンジンやトマト、バナナ、納豆、ツナなど、だんだんと食事のバランスも意識します。
ただ、食べる量が少ないので、1週間トータルしてバランスが取れていればOKです。
母乳やミルクからの栄養がほとんどであれば、それほど気にしなくて大丈夫ですよ。

この頃うちの息子がよく食べてくれたモノは、トマトと納豆です。トマトは今でも大好きです。
聞いた話によると、赤ちゃんは、生まれ月のモノが好きなのだそうです。
確かに8月生まれの息子は、トマトやモモが大好きです。
試してみる価値はありそうですね!

 

離乳食4~6ヶ月目(生後8~12ヶ月頃)

様子を見ながら1日3回に増やします。
母乳やミルクと離乳食の割合が、半々になるのを目指します。
離乳食のかたさは、歯ぐきで潰せるかたさにします。バナナくらいのかたさが目安です。
おかゆも5倍がゆにステップアップします。
うす味であれば調味料も使えます。

うちの息子の場合、5倍がゆはあまり食べませんでした。
7倍がゆのまま、食べられる食材を増やしていく感じでした。
よく食べさせていたのは、ヒジキ、シラス、ワカメなどをおかゆに混ぜたモノです。
少し塩味が効いているとよく食べてくれました。

 

離乳食7~12ヶ月目(生後12ヶ月~18ヶ月頃)

前歯が上下4本以上生えそろい、しっかり噛めるようになってきたら、もう少し固くします。
もうおかゆでは無く、軟飯で大丈夫です。
食べられるモノが増えて、大人の食事からのとりわけもしやすくなります。
ただし、うす味が基本です。

息子が良く食べていたモノは、バナナ、卵豆腐です。キューピーや和光堂のベビーフードも、良く利用しました。
食べない時は、対象月齢を戻したり、ベビーフードを利用したりすると、食べてくれたりしました。

 

 

振り返ってみて思うコト

今回の記事をまとめるのに、自分の育児日記を見返してみました。

市販のベビーフード1食分を1度に食べきれなくて、2回に分けて食べていた息子。
こんなに食べなくて、大丈夫なのかなーと、心配したりしました。
その当時は必死でしたが、1才半で断乳してみると、あっさりと食べるようになりました。

結局、母乳でお腹は満たされるので、「離乳食を食べなくても大丈夫」という意識が息子にもあったのだと思います。
私も、必死になって食べさせようと思っていました。
しかし、もっと気楽に進めれば良かったな?と反省しています。

離乳食はあくまで、普通食を食べる練習です。
食べても食べなくてもOK!くらいの気楽さで、楽しんで進めてみて下さいね!

スポンサードリンク

 - 子育て, 離乳食