働くママの暮らしを楽しむ知恵袋

ぽっと明るく♪楽しく豊かな暮らし上手のおすそ分け

上手な断乳の進め方は?先輩ママが教える進め方と成功するコツ

      2017/06/19

赤ちゃんの離乳食も順調に進み、成長を感じるころ、気になるのが断乳の進め方です。

私は現在、2歳9ヶ月の男の子を育てています。
うちの子は、1歳半の時に断乳をしました。
断乳前は、夜の寝かしつけと夜中起きたとき時々、という感じで授乳していました。

断乳をして感じたのは、ママの強い意志がためされるイベントだな~というコトでした。
私の体験をもとに、断乳の進め方と成功のコツをお教えします。

 

スポンサードリンク
  

断乳の具体的な進め方

1.昼間の授乳を減らす。
2.3日前くらいから声掛けをする。
3.断乳当日!
4.泣いてもオッパイはあげない!
5.3日から1週間我慢出来れば成功!

 

昼間の授乳を減らす

まずは、昼間の授乳を減らしましょう。
いきなり断乳すると、赤ちゃんもストレスが大きいですし、オッパイトラブルも起こしやすいです。

私の体験だと、1日4・5回くらい授乳している時に、授乳を中断したら、オッパイが張って、痛くて寝られないほどでした。
出来れば、授乳するのが夜のみになってから断乳するのがオススメです。
私は、授乳が夜のみになってから断乳したのですが、トラブル無く断乳できました。

昼間もまだ授乳しているのであれば、1?3ヶ月くらいかけて授乳回数を減らす様にします。
家にいるとオッパイを欲しがるので、外遊びなどで気を紛らわすと効果的です。

 

3日前くらいから声掛けをする

断乳する日を決めたら、そのコトを赤ちゃんに伝えます。
カレンダーに印を付けて、「この日までだよ?」と声掛けしたりするといい様です。

私の場合、体調を崩して薬を飲むコトになったため、突然始まった断乳でした。
それでも、「今日からはオッパイ飲まないよ?」と説明しました。

 

断乳当日!

さあ!いよいよ断乳です。
昼間はたくさん遊んで、疲れさせましょう!
オッパイを欲しがって泣いてしまったら、「欲しいね~でも飲まないんだよ~」と受け流しましょう。

私の経験では1日目の夜、寝る前は泣きましたが、想像していたよりも楽でした。

スポンサードリンク

 

泣いてもオッパイはあげない!

大変だったのは2日目・3日目の夜でした。
もう、もらえない事が分かっている分、よけいに泣きました。
私の襟を、ひっぱったりたたいたり大騒ぎ。見ているこっちが辛くなるほどでした。
ただただ、「辛いね~一緒にがんばろうね~」と、抱きしめるしか、ありませんでした。
ひたすら抱っこして何とか眠りにつきました。

 

4日から1週間我慢出来れば成功!

3日目を過ぎると、不思議とオッパイへの執着が薄くなっていきます。
うちの息子は、4日目くらいから何とかオッパイ無しで寝られるようになりました。
また、お風呂の時など、飲もうと狙ってきていたのが、反応しなくなりました。

 

成功のコツはママの強い意志!

断乳を成功させるには、何と言ってもママの強い意志が必要です。

今まで、もらえていたオッパイが飲めない訳ですから、当然赤ちゃんは泣きじゃくります。
しかし、そこで可哀想だからとあげてしまうと、今までの苦労が水の泡に・・・。

断乳を決意したら、強い意志を持つことが大切です。
「どんなに泣かれても決してあげない」これが成功の一番のコツです。

 

家族のサポートも成功の鍵

断乳を開始して、オッパイを飲むコトを忘れるまで、我が家では「オッパイ」というキーワードは禁句でした。
ふいに思い出されて泣かれるのもイヤだったので。

また、ママばかり見ていると、どうしてもオッパイがチラつきます。
なので、パパや、他の人が気を紛らわしたりする方が落ち着く場合もあります。

この他、断乳の時は赤ちゃんがいつも以上に泣いたり、機嫌が悪くなったりします。
家事がいつものように進まなかったり、赤ちゃんにつられてイライラしたりします。
例えば、パパのサポートが受けられる、長期休暇や、連休中に断乳を実行するのもイイでしょう。

 

断乳の進め方のまとめ

1.昼間の授乳を減らす。
2.3日前くらいから声掛けをする。
3.断乳当日!
4.泣いてもオッパイはあげない!
5.3日から1週間我慢出来れば成功!

とにかく、強い意志を持って断乳を実行することが必要です。

ママだけではなく、赤ちゃんも泣きながらがんばっています。
一緒にがんばってあげましょう!

スポンサードリンク

 - 子育て, 断乳