働くママの暮らしを楽しむ知恵袋

ぽっと明るく♪楽しく豊かな暮らし上手のおすそ分け

中学生の塾はいつから?元塾長がすすめる学年別入塾時期

   

中学生になり、高校受験に向けて「いつごろ塾に入れるべきか」悩みますよね。
入学と同時に入れるか?様子を観てから入れるか?
周りが塾に行きはじめると焦ってきますよね。

私は結婚するまで、個別指導塾の教室運営の仕事をしていました。
いろんな生徒と向き合ううちに、適切な入塾時期が見えてきました。

志望校が見えている場合は、中2の秋から本格的に勉強するのがベストだと思います。

各学年別、その子供に適切な入塾時期を紹介します。

 

スポンサードリンク
  

小学校卒業時に高校入試について親子で調べる

中学校の入学準備として、親子で「高校入試について」調べてみてください。

「中学の勉強は高校入試でどんな影響を与えるのか」を知っているかいないかで、大きな差が出てきます。

また各県によって、県立高校入試制度は異なります。

高校入試はテストや面接だけではなく、内申書も受験選考に入ってきます。内申書とは、中学校の成績・部活・生活態度などが書かれた調査書のこと。
この内申書に書かれる成績は、中1から基準に入る県もあれば、中2からの県もあります。なので、県によって受験対策も違ってきます。

各県の教育委員会のホームページに高校入試についての説明が書かれています。
グーグルなどの検索窓に「○○県教育委員会 高校受験案内」などと入力して検索してください。
各高等学校の入学試験の実施概要などが載っています。

教育委員会のホームページを見ても、最初は何が書いてあるのかよく分からないかと思いますが、これを一通り見て、担任の先生や塾に行って聞いてみるのがいいと思います。

塾へ聞きに行くのなら、「入塾しようか考えているのですが、高校受験制度について教えてください」と言えばいいです。
学習塾は、受験に対してプロですから詳しく教えてくれると思います。
その時の対応で、その塾の雰囲気も分かりますしね。

 

各県の高校入試制度の調べ方

各県の教育委員会のHP
各都道府県の高校受験案内の本をみる
塾のHPをみる
先輩ママに聞く

これくらいなら自力で出来るので、ぜひやってみてください。

 

中1は学校生活に慣れてから塾を検討する

中1はまず学校生活に慣れ、生活リズムを整えることが重要です。

スポンサードリンク

慣れない授業や部活が始まり、ストレスが知らず知らずのうちにかかっています。
入学と共に入塾するのではなく、まずは生活リズムを整えてあげましょう。
始めは部活で、家庭学習が確保できないこともあると思います。焦らずGWくらいまでは様子をみてあげてください。

初の定期テストで8割以上とれて入れば、授業を理解できていると思うので、入塾はまだ大丈夫だと思います。
8割以下の場合は、本人と家庭学習の見直しをしてください。

本人の意識が変わらなければ、入塾しても成績は上がりません。

 

中2の夏休みまでに志望校の話し合いを

中2の夏休みまでには「志望校について」親子で話し合いましょう。
「まだ早いかな?」と感じるかもしれませんが、このタイミングが一番いいです。

志望校を大体でもいいから決めておくと目標ができます。

目標ができたことにより、勉強する理由がより具体的になって本人のモチベーションが上がります。
目標と自分が今いる位置との差がわかり、夏休みの勉強も手を抜かなくなります。

そのタイミングで、本人が「塾に行きたい」と言ったら、入塾相談に行くのもいいですが、よほど志望校との差が無い限り、夏休み明けまでは様子をみていいと思います。

夏休み明けの定期テストの後に受験勉強として入塾相談に行くと、塾の方も志望校に向けて、しっかりとしたプランを作成してくれます。

ただ成績が落ちたから塾に入れるのと、目標があって塾に入るのとでは、塾の方もプランニングが違います。

中2以降に塾を効率よく活用するには「本人のやる気」「目標」が必要です。

 

中3の夏休みまでに“やる気”にさせる

中3の夏休みは大逆転するラストチャンスです。
冬休みは「受験のテクニックを身につける」ために時間を使うので、基礎固めに使える時間は夏休みしかありません。

中3の定期テストで思うように点がとれない場合や志望校との差がある場合は、すぐに入塾相談に行きましょう。
中1、中2では「本人のやる気が必要」だと書きましたが、中3はそんなことを言っている場合ではありません。

本人が「志望校はどこでもいい」と言わない限り、塾に入れることおススメします。

塾に入り、周りが勉強しているのに影響されて勉強する子もいます。また、塾に入れることで、強制的に勉強をさせる環境を作ることもできます。

「志望校合格へのラストチャンスだ」と本人に自覚させるためにも、塾を検討しましょう。

 

中学校での入塾時期 まとめ

小学校卒業の時に、中学校の入学準備として高校入試について調べてください。
高校入試については、高校受験案内の書籍や県の教育委員会のHPなどで調べましょう。

中1は学校生活に慣れてから塾を検討しましょう。慣れない授業や部活が始まりストレスがかかっているので、焦らず様子をみてあげてください。

中2の夏休みまでには「志望校について」親子で話し合いましょう。
目標ができると、勉強する理由がより具体的になり、本人のモチベーションが上がります。本人が「塾に行きたい」と言わない限り、夏休み明けまでは様子をみてもいいと思います。

中3の夏休みは大逆転するラストチャンスです。
基礎固めに使える時間は夏休みしかありません。本人が「志望校はどこでもいい」と言わない限り、塾に入れることおススメします。

スポンサードリンク

 - 子育て, 中学生の学習塾