働くママの暮らしを楽しむ知恵袋

ぽっと明るく♪楽しく豊かな暮らし上手のおすそ分け

卒業式で好印象の母親の服装は?アクセサリーはどんなものを選ぶ?

   

卒業式は学校生活の最後の晴れ舞台。
親にとっては子供の成長を感じる、頑張ってきた我が子が誇らしく思える瞬間でもありますよね。
この春、我が家は3人子供が小、中、高校の卒業という当たり年で、私は卒業式に3回出席します。

大切な卒業式に出席するうえで、気になるのは母親の服装ですね。

どんな服装で出席したら良いのか?アクセサリーはどんなものが良いのか?卒業式にNGな服装があるのか?気になりますよね。
私、もう小学校の卒業式は2回、中学校の卒業式は1回経験済みです。

卒業式を3回経験した私が、卒業式で好印象を持たれる母親の服装について紹介します。

 

スポンサードリンク
  

卒業式に母親はどんな服装がいいのか?

卒業式は、学校でのすべての課程を修了したことを祝う式典であると同時に、お世話になった先生方への感謝の気持ちを示す場でもありますよね。
卒業式のようなフォーマルな場に出席するときは、「略礼服」の服装で出席するのが、基本的なマナー。
女性はワンピースやスーツになります。

今まで出席した卒業式を思い出してみると、地域や学校によっても違いがあるのかもしれませんが、公立の中学校の卒業式は圧倒的に黒のスーツや、ワンピースが多かったです。もちろん和服の方もいました。

うちの地域は仕事をしているお母さんが多く、パンツスーツなどの動きやすいスタイルをよく見かけました。
皆さん、パンツやワンピースにジャケットを着るという感じですね。上着がカーディガンでは、カジュアルになってしまいますが、ジャケットなら正装になります。

卒業式に着ていくスーツの色は、ブラックフォーマル、紺、グレーなどのダークカラー、落ち着いた色を選択するのが無難です。

ジャケットの中に着るブラウスをフリルの付いたものや、レース物を取り入れて華やかにすると良いですね。

スカート丈は、膝が隠れるくらいの長さが良いと思います。
ミニスカートはNGです。ロングスカートも避けた方が良いと思います。

靴はフォーマルなパンプスで、ヒールの高さが3~5cm程度。
つま先が開いたオープントゥやバックストラップではない、シンプルなパンプス。
ダークな色のスーツに合わせることを考えると、黒いパンプスになりますね。

ストッキングは、黒ではなく肌色をはきます。

バッグはシンプルなもので、ブランドロゴや派手な飾りなどはNGです。靴と色を揃えると統一感が出ますよね。

スポンサードリンク

忘れないようにしたいのが、スリッパです。
今は、携帯用でもヒールつきのスリッパがありますから持っていると便利です。
携帯用スリッパは、学校行事に参加するときに必要です。
インターネットで「携帯スリッパ ヒール付き」で検索してみると、パールのついたオシャレなものやシンプルなものまで、様々なデザインがありますよ。

 

卒業式にふさわしいアクセサリー

パールのネックレスやイヤリングなら間違いないと思います。卒業式なら一連でなくてもマナー違反にはなりません。
小柄な私は、ネックレスの長さが合わないことも多いので、長さが短めの小粒パールの二連のネックレスを使います。襟のないジャケットを着たときに全体が見える程度の短いタイプものものです。

それからコサージュはどんな色が良いのか?
ブラックフォーマルの場合、パステルカラーのコサージュなら黒に映えて華やかになります。
コサージュが目立つのに抵抗があるならば、黒やグレーに少しシルバーが入ったものなどを選んでみてはどうでしょうか。

コサージュは左胸につけます。

シンプルにしたければコサージュはつけないで、パールのネックレスやイヤリングだけでも大丈夫です。
私が出席した中学校の卒業式では、コサージュ無しのお母さんも意外と多く、シンプルなスタイルが好まれているのかなとも感じました。

校や地域によっても違いがありますので、事前に先輩のお母さんにリサーチすることをおすすめします。

それから、もう一つ気になること。

兄弟が多くて、卒業式が2回以上ある場合、同じスーツを着まわしても良いのか?
もちろん、大丈夫です!
でも、写真に残ってしまうので、毎回同じスーツでは気になるという場合、ジャケットをかえるという方法があります。
ワンピースは、羽織るもので印象もかなり変わります。黒のスーツを何着も用意するわけにもいかないですが、ジャケットが2種類セットになっているものもあるので、そういうタイプを選んでおくと着回しができますね。

 

卒業式の母親の服装とアクセサリー まとめ

卒業式は、学校の全課程の修了を祝う式典であり、先生方に感謝の気持ちを示す場でもあります。

出席する母親の服装は略礼服。
ブラックフォーマルや、紺、グレーなどの、ダークカラーでシンプルに上品にまとめたスーツやワンピースが良いでしょう。

卒業式の主役はあくまでも子供達。
母親は、シンプルで上品な服装で出席し、子供たちの晴れ舞台を見守りたいですね。

この記事を書いていて思い出したのですが、持って行こうと思っていて、いつも忘れるのが、ひざ掛けです。
卒業式の行われるのは3月。学校の体育館は寒いです。ひざ掛けなどの防寒対策もしていくと良いですよ。今度の卒業式には持って行こうと思います。

スポンサードリンク

 - イベント, 卒業式