働くママの暮らしを楽しむ知恵袋

ぽっと明るく♪楽しく豊かな暮らし上手のおすそ分け

入学式にふさわしい母親の服装とアクセサリーを紹介

   

卒業式が終わったと思ったら、今度は入学式。春は学校行事が目白押しですよね。
新生活への希望や期待でいっぱいの入学式。

卒業式は落ち着いた色のスーツで出席したけれど、入学式はどうしよう。もっと春らしい色のスーツを選ぶべきなのか?着ていくものに迷いますよね。

この春、我が家は3人の子供の卒業式と入学式が待っています。

入学式で初めて出会う先生、そして、お母さんたち。入学式の時の印象は覚えていたりするものです。
そんな入学式だからこそ、母親はどんな服装で行ったら良いのか?アクセサリー何が良いのか?迷いますよね。

私は、もう小学校の入学式を3回、中学を2回、高校を1回経験しました。

小・中・高の入学式を経験した私が、入学式にふさわしい母親の服装とアクセサリーについて紹介します。

 

スポンサードリンク
  

入学式にふさわしい母親の服装は?

卒業式はお別れの意味合いもあるため、ブラックフォーマルや落ち着いたダークカラーのスーツが良いのですが、入学式は新しい生活、新しい出会いの式典なので、晴れやかで明るい色の服装がおすすめです。

パステルカラーや、白、ライトグレー、ベージュのような淡い色のスーツやワンピースにジャケットというスタイルが春らしく華やかですよね。
もちろん、ネイビーやブラックのスーツでも良いのですが、その場合、アクセサリーを華やかにするのをおすすめします。

入学式の主役は、もちろん子供です。母親は初めて出会うお母さんや先生方に「○○ちゃんのお母さん」として良い印象を持ってもらえるように、派手すぎず上品な華やかさにまとめたいですね。

 
特に小学校の入学式には子供はランドセルを背負って行きますから、付添いの母親はパステルカラーのスーツがステキ。
私は、ピアピカの大きなランドセルを背負った1年生とパステルカラーのスーツ姿のお母さんの組み合わせは、微笑ましくて、春のイメージにピッタリだと思います。

 
中学校や高校の入学式はどうでしょうか?
子供も大きくなり、当然、母親の年齢も上がっています。
子供が主役の入学式ですから、母親は年齢と共に選ぶスーツも変えたいもの。私は、華やかなパステルカラーはちょっと難しいかなと思います。

ワンピースを選ぶなら、黒のワンピースにジャケットを黒以外の色、グレーとかツイードや千鳥柄で印象を変えるという方法もありますね。
淡い色を選ぶなら、ベージュやライトグレーのスーツが良いかと思います。

スポンサードリンク

 
スカートの長さにも注意しましょう。短すぎず、長すぎず、膝丈を目安にするのが良いです。
私は膝が少し隠れる長さを目安にしています。親も式中に立ったり、座ったりする場面があるので、膝上だと座る時に気になります。

最近はパンツスーツのお母さんも多いですね。
ベージュやネイビーのパンツスーツも活動的で良いですよね。
今年、私はパンツスーツをチェックしています。
入学式が終わっても、学校行事などで、上下別々に着ることも出来ます。

靴はパンプスを合わせましょう。
高すぎない5cm程度のヒールがおすすめです。
つま先の出るオープントゥや、かかとの見える物はフォーマルな場面である入学式にはNGです。
色はスーツに合わせた淡い色、ベージュ、グレー、白、または黒などが良いですね。

バッグは派手すぎないシンプルなもので、靴と色味を合わせると統一感が出ます。
ブランドのロゴが目立つものも避けましょう。

それから、着物という選択もあります。毎回、着物のお母さんを数人見かけます。
入学式には訪問着、色無地、付下げが良いですね。

 

入学式につけるアクセサリーは?

入学式には、どんなアクセサリーが良いのか?
やはり、式典にはパールのネックレスやピアス、またはイヤリングという選択が確実です。ホワイトパールやカラーパールの淡い色は上品にまとまります。

お祝いの意味合いが強い入学式ですから、1連だけではなく、2連、3連のものでも大丈夫です。
パールは重ね付けすることで、幸せを繰り返すという意味がありますよ。

コサージュはスーツの色に合わせて淡い色を選びます。
コサージュがあるだけで、シンプルなスーツも華やかになります。
カジュアルな素材のものは避け、派手すぎず、上品なデザインの物を左胸の鎖骨のあたりに付けます。

コサージュは必ず付けなければならないという訳ではありません。パールのアクセサリーだけでも、十分に上品にまとめることが出来ます。

 

入学式の母親の服装とアクセサリー まとめ

入学式は、新生活への期待や希望、新しい出会いの強い式典です。
主役は、新しい学生生活がスタートする子供達です。

入学式の主役は、新しい学校生活を始める子供達です。
母親は、春らしいシンプルで上品にまとめるのが好印象です。

そして、4月といっても、まだ肌寒い日もあります。天気によっては、寒さ対策も忘れずに!

スポンサードリンク

 - イベント, 入学式 ,