働くママの暮らしを楽しむ知恵袋

ぽっと明るく♪楽しく豊かな暮らし上手のおすそ分け

鉢植えのカーネーションの冬越し方法を紹介!置き場所そして水と肥料の与え方

   

5月の母の日にプレゼントされたカーネーション。
カーネーションは多年草ですし、せっかくのプレゼントですから、ずっと可愛い花を楽しみたいですよね。

高温多湿に弱いカーネーションですが、無事に夏を乗り越えたら、また秋にも花を咲かせてくれます。

秋の花を楽しんだら、次は、冬の寒さ。
せっかくですから、冬も乗り超えて、また次の春にも元気に花を咲かせたいものですよね。

以前の私は、冬に元気がなくなったカーネーションを枯れてしまったと思い、ここで諦めてしまったことがあります。
友人から「それは、枯れているのではないよ」と教えられてショックでした。
もったいないことをしてしまいました。。。泣

カーネーションは冬には強い性質を持っています。
冬のカーネーションは、元気がなさそうで、葉も枯れてしまったように見えてしまいますが、まだ地下茎が生きています。

今回は、鉢植えのカーネーションの冬越しのための育て方をご紹介します。

 

スポンサードリンク

冬はカーネーションの鉢植えをどこに置いたらいいの?

カーネーションは多年草ですから、ちゃんと管理してあげれば、毎年花を楽しむことができます。

カーネーションは、日光を好む植物ですから、冬は、室内の日当たりの良い場所で育てます。
窓辺などの日の当たる場所で10度以上の室内で育てましょう。

冬は、夜の窓辺は冷え込んできますから、部屋の中央に移してあげてください。

カーネーションは、日光不足になると葉が変色してしまうので要注意です。
葉が変色して、元気が無くなってきたときは日光に当ててあげましょう。
たいていのカーネーションの耐寒温度は、0度なので、5度以下の場所は避けた方がよいです。

スポンサードリンク

カーネーションは、霜や強い寒さに当たらなければ、戸外で冬を越すこともできます。
戸外で育てる時は、株を短く切りそろえて、風のあたらない場所に置きます。
家庭用の小さなビニールハウスもあるので、その中に入れてあげてください。

でも、やはり、戸外は温度の管理が難しいので、室内で育てることをおすすめします。

 

カーネーションの冬場の水やり、肥料はどうする?

カーネーションは、冬場はあまり水を必要としません。
夕方や早朝に水を与えると、寒さで凍結してしまいますから、暖かい日の午前中を選んで与えましょう。

肥料も冬場はあまり必要としません。
生育が弱まってきたら、水やりを控え、肥料も与えません。

 

カーネーションの鉢植えの冬の管理方法 まとめ

カーネ―ションは、冬になって花が落ち、茎や葉が枯れてしまったように見えても、土の中で地下茎は冬眠状態になっているだけで生きています。

地下茎が冬眠状態であれば、春になると、また花を咲かせてくれます。

日光を好む植物なので、窓辺などの日の当たる場所で、10度以上の室温で育てます。
夜の窓辺は、冷え込みますから部屋の中央に移してあげてください。

冬は、水をあまり必要としません。肥料も必要としません。

カーネーションは多年草です。
母の日が終わっても枯れてしまう訳ではありません。
高温多湿の夏と、寒い冬の管理に気を付けて、翌年もまた花を咲かせて楽しみたいですね。

 

→カーネーション鉢植えの育て方の基本、置き場所と手入れ方法はこちら

スポンサードリンク

 - 鉢植えの育て方, カーネーション ,