キャベツの鮮度を見分ける方法は?保存方法と冷凍保存後の調理方法

      2016/05/13

キャベツ640427
 

キャベツの鮮度を見分ける方法と長持ちさせる保存方法と調理方法を解説します。
 
キャベツを丸ごと保存するには冷蔵室内でかなりかさばるキャベツ。

すぐに使わない分は、好みの大きさに切って冷凍保存しておくと、
使いたいときにすぐに使えて便利です。

 

スポンサードリンク
  

キャベツの鮮度を見分ける方法は?

葉が鮮やかな緑色で張りとツヤがあり、切り口が白いものが新鮮です。
切り口が変色していないか、乾燥やひび割れがないかもチェックしましょう。
 
軸のサイズは500円玉より小さい方が良いとされています。
軸が大きいと育ち過ぎていて葉がかたいことがあります。

春キャベツは、外側の巻きがゆったり軽いもの、
冬キャベツは、しっかりを葉が巻かれてずっしりと重いものが良いです。

キャベツやレタス、白菜などの葉物野菜は、
2分の1などにカットされて売られていることがあります。

少し使いたいときは便利なカット野菜ですが、
丸のままよりも鮮度が落ちやすいです。

カット野菜を選ぶポイントは、切り口がみずみずしく変色していないこと、
芯とその付近がふくらんでいないことです。

芯の部分は切っても成長を続けるので、時間がたつと盛りあがってきます。
また、芯が成長する際に、葉の養分を取り込んでしまうため、
肝心の葉の味が悪くなり、苦味が出てしまいます。

※外側の葉1から2枚は、農薬が付いている心配があるので捨てた方が安心です。
 

キャベツの鮮度を長持ちさせる保存方法と冷凍保存後の調理方法

切っていないものは、新聞紙に包んでから
ポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存します。

丸ごと買ってきたときは、芯の部分をくり抜いて、
水を含ませたキッチンペーパーをつめておくとより長持ちします。

キッチンペーパーから水気がなくなってきたら水を補充します。

 
キャベツはカットすると断面が変色して、そこから傷んでいくので、
使う分だけ外側の葉から1枚ずつはがして使うのがベストです。

 

数日で使うもの
切ったものは、ラップに包んで
同じように冷蔵庫の野菜室に保存し、数日で使いきるようにしましょう。

 

生のまま冷凍する
しんなり塩もみのようね状態になるので、和えものやコールスローにおすすめ。

1㎝幅やざく切りなど使いやすい大きさに切って、
ジップロックようなフリーザーパッグに入れて冷凍保存します。

スポンサードリンク

使うときは、電子レンジで軽く解凍して水けをしぼれば、
塩をふらずに、しんなりとした塩もみのうような状態になります。
コールスローや塩こんぶ和え、ゴマ和え、からし和えなどにすぐに使えます。

炒め物や汁物に使う場合は、凍ったまま調理します。
しんなりした食感になるため、生の時の歯ごたえはなくなりますが、
ソース焼きそば、あんかけ焼きそば、パスタ、スープ、味噌汁などに利用できます。

 

茹でて冷凍
サッとゆでてから冷凍すると、かさが減りコンパクトに保存できます。

使いやすい大きさに切って、熱湯で10秒ほど茹でます。
冷水で色止めして、水けをよくふきとります。

1回に使い分をラップで薄く小分けにして包みます。
ジップロックのようなフリーサーパッグに入れ、
なるべる空気を抜いてジッパーを閉めて冷凍保存します。

使うときは、凍ったまま汁物に入れるか、
サッと茹でて水けをしぼり、和え物や餃子の具にします。
※茹でてから冷凍したものは、水っぽくなるので炒め物には向きません。

 

キャベツの調理方法と種類

キャベツは、シャキシャキした歯ざわり、煮込んだときの甘味もあって、
トンカツやコロッケの付け合わせ、サラダ、煮物、和え物、炒め物、味噌汁など
何でもこなる万能野菜です。

春キャベツ、寒玉(冬キャベツ)、グリーンボールなど、
キャベツには色々な種類があり、季節の合わせて栽培されています。

ぞれぞれの種類ごとに旬があるので、その時期の旬のキャベツを
生で、上手に保存して、美味しく食べましょう。

 

春キャベツ
「春玉」ともいい、3月から5月頃に出回る葉のやわらかいキャベツです。
丸みのある形で葉の巻きがゆるく、中心部の葉は黄緑色でみずみずしくてほんのり甘味があります。
サラダなどの生食に向いていますし、蒸したり炒めたりさまざまな食べ方が楽しめます。
冬キャベツに比べると、日持ちは少し劣ります。

 

冬キャベツ
「冬球」ともいわれる1月から3月頃に収穫されるキャベツです。
扁平で葉がぎっしりと詰まって重みがあります。
葉はややかためで、春キャベツよりも糖度が高く日持ちがよく、
煮崩れもしにくいので、炒め物や煮物にして食べるのがおすすめです。

 

夏キャベツ
初夏から秋にかけて出荷されるキャベツです。
基本的には冬キャベツと同じ「冬玉」なので、
扁平で葉の巻きはしっかりして甘味があり、保存性に優れています。
長野県や群馬県の高地で栽培されるものは「高原キャベツ」として出荷さてます。

 

グリーンボール
普通のキャベツより小ぶりで春キャベツよりも丸いので「ボール系」とも言われます。
中心部まで黄緑色で葉はやや厚めでやわらかく、サラダや漬物、スープなどに適しています。
おもに春に出回りますが、他のキャベツに比べると流通量はそれほど多くありません。

 

⇒野菜の鮮度を見分ける方法は?保存方法と冷凍保存後の調理方法のページへ

 

スポンサードリンク

 - 野菜の選び方・保存方法 ,