玉ねぎの鮮度を見分ける方法は?保存方法と冷凍保存後の調理方法

      2016/05/13

玉ねぎ426424
 
玉ねぎの鮮度を見分ける方法と長持ちさせる保存方法と調理方法を解説します。
 
玉ねぎは年中流通していますが、春先に出荷される早取りのものを「新玉ねぎ」と呼びます。

一般的な玉ねぎは、保存をよくするために収穫後1ヶ月ほど日陰で風をあてて乾燥させますが、新玉ねぎは乾燥させずにすぐ出荷します。

新玉ねぎは茎がまだ青い状態で切って出荷されるので、辛みが少なくみずみずしさと柔らかさがあるのが特徴です。
サラダなどの生食にむいていますが、傷みやすく、すぐに風味も落ちてしまうのが欠点です。

スポンサードリンク
  

玉ねぎの鮮度を見分ける方法は?

玉ねぎは、腰高で丸々と太っていながら、首と根の部分が小さくギュッと締まっているもの。
表面の茶色い皮が乾いていてツヤがあり、重くて形が丸いものを選びましょう。

軽いものは乾燥しすぎているのか、傷んで空洞ができている場合があるます。
玉ねぎは、頭部から傷むので、頭部が硬いことを確かめましょう。

特に、新玉ねぎは傷みやすいので注意が必要です。

皮が浮きあがっているものは、中に黒いカビが生えていることがありますから気をつけましょう。

 

玉ねぎの鮮度を長持ちさせる保存方法と冷凍保存後の調理方法

玉ねぎは、湿度が高いとすぐに根や芽が出て栄養と風味が落ちてしまいますから、風通しのよい冷暗所で保存しましょう。

 

日陰で吊るして保存する
玉ねぎは風通しがよくて、日のあたらない場所に吊るしておくと良いです。
みかんのネットやストッキングなどがあると便利です。
玉ねぎ1個ごとに結び目を入れて、重ならないように吊るしておくと、湿気がこもりにくく、使う時も結び目を切れば1個ずつ使えるので便利です。
カゴに入れる場合は、玉ねぎ1個ずつ新聞紙に包んで入れると、湿気対策になります。

スポンサードリンク

 

冷蔵庫で保存する
夏場など気温が高くなってくると、冷蔵庫で保存します。
冷蔵庫で保存する場合は、新聞紙に包むか保存袋に入れて野菜室に入れます。
使いかけの玉ねぎは、切り口から乾燥してくるので、ラップでピッタリと包んで保存します。

新玉ねぎは、水分量が多く傷みやすいので、保存袋などに入れて野菜室に入れますが、なるべく早く使いきるようにしましょう。

 

玉ねぎの冷凍保存
生の玉ねぎを冷凍すると、水けが出てしまいますが、逆に甘味は凝縮されるため、甘味をいかしたい料理におすすめです。
一度にまとめて切って冷凍保存しておくと、使うつど刻む手間が省けるので、急いで料理したいときに便利です。

細かく切ると水けが多く出て食感が残りにくくなるので、
大きめのみじん切り、又は、厚めの千切りにします。
使いやすい分量に小分けして、ラップで包みます。
ジップロックのようなフリーザーバッグに入れ、なるべく空気を抜き、ジッパーを閉めて冷凍保存します。

使う時は、電子レンジもしくは自然解凍で半解凍するか、凍ったまま調理します。
冷凍したものは食感が失われやすいため、炒め物などシャキシャキとしてた食感を楽しみたい料理には向きません。
甘味をいかしたミートソース、ハンバーグ、ポテトサラダ、コールスローなどの料理に利用しましょう。

 

玉ねぎの調理方法

生食では辛みがつよくて食べにくい玉ねぎですが、
辛み成分は水溶性なので、刻んでから水にさらすと辛みがやわらぎます。
ただし、水にさらしすぎると旨みと一緒に栄養分も流れてしまうので注意しましょう。

辛みの少ない新たまねぎなら、生でもたっぷり食べられます。

 

⇒野菜の鮮度を見分ける方法は?保存方法と冷凍保存後の調理方法のページへ

 

スポンサードリンク

 - 野菜の選び方・保存方法 ,