伊勢神宮花火大会2016の日程は?有料観覧席と穴場スポット地図

   

伊勢神宮花火大会
 

地元伊勢で”宮川の花火”と呼ばれ続けてきた「伊勢神宮奉納全国花火大会」は、伊勢神宮への奉納の意味を込めて開催される花火大会です。
全国から集まった花火師たちが、その年の安全を祈願しながら花火を打ち上げます。

日本三大競技花火大会の1つでもあり、花火師たちが日頃の腕を競い合います。

 

伊勢神宮奉納全国花火大会2016の日程と有料観覧席、穴場スポットを紹介します。

 

スポンサードリンク
  

伊勢神宮花火大会2016の日程は?

日程:
2016年7月16日(土) 19時20分から21時15分

※大雨・強風・増水等で実施できない場合は、9月10日(土)または11日(日)に延期します。

 

開催場所:
伊勢市 宮川河畔(度会橋上流)

 

交通:
◆JR参宮線「山田上口駅」より徒歩約15分
◆近鉄・山田線「宮町駅」より徒歩約20分

◆JR参宮線・近鉄山田線「伊勢市駅」、近鉄山田線「宇治山田駅」から花火大会会場へは午後5時よりシャトルバスが随時運行します。
「伊勢市駅」から会場までは徒歩で30分程度です。
バスが混み合っている場合、特に大会終了後のお帰りの際はシャトルバスよりも歩くほうが早いこともあります。

 

問合せ:
伊勢市観光振興課 TEL:0596-21-5566

伊勢神宮奉納花火大会公式ホームページ

 

 

伊勢神宮花火大会2016 有料観覧席の地図と申し込み方法

打上げ場所に近く正面に花火があがる有料観覧席なら、場所取り不要でベストポジションをキープできます。
音響施設も整い、大会アナウンスを聞きながら審査員気分で競技花火が楽しめます。

高額なイメージの観覧席ですが、無料観覧エリアとは比べ物にならないほど大迫力です!

自分の頭上で花開く音と光の競演は圧巻で、飛び散る火花の熱ささえ感じられる距離だといいます。
お金を払って見るだけの価値はあります。

 

 

有料観覧席の種類
◆A席(右岸・6人用指定席)15,000円/1マス(6人用、縦2m×横2.7m)※A席は窓口での販売はありません。
◆B席(右岸・6人用指定席)15,000円/1マス(6人用、縦2m×横2.7m)
◆C席(左岸・6人用指定席)15,000円/1マス(6人用、縦2m×横2.7m)
◆E席(左岸・4人用指定席)10,000円/1マス(4人用、縦2m×横1.8m)
◆P席(右岸・2人用指定席) 6,000円/1マス(2人用、縦1m×横2m)
◆G席(左岸・個人自由席) 1,500円/1人
※3歳以上有料。2歳以下のお子さんはチケット1枚につき2名まで同伴可能。
※ペットの入場はできません(盲導犬等は除く)。
※各席にブルーシートが用意してありますが、2時間座りっぱなしですから、座布団は必需品です。

 

有料席の販売について
◆一般販売
5月21日(土曜日)午前10時より有料観覧席の一般販売を開始!!

チケットぴあ、全国のコンビニエンスストア(サークルKサンクス、ローソン、ミニストップ、ファミリーマート、セブンイレブン)、中日新聞販売店にて販売します。 

 

◆事務局窓口販売
5月23日(月曜日)午前8時30分より、伊勢市役所観光振興課(本館2階)窓口での販売を開始!
先着順、窓口での取り扱い分が、なくなり次第終了。
※A席の窓口販売はありません。

 

※花火大会の延期に伴うチケットの払い戻しについて
花火大会が延期となった場合は、8月1日(月曜日)午後5時までにチケットを購入または発券した場所で払い戻しされます。

 

伊勢神宮奉納花火大会2016・有料観覧席販売ページはこちら

スポンサードリンク

 

伊勢神宮花火大会2016穴場スポット地図とアクセス方法

 

宮川の堤防道路
会場に近く、会場の音楽やアナウンスも聞こえる定番の場所です。
穴場スポットとしては有名なので、とても混み合いますが、花火大会を存分に楽しむことができます。
屋台がたくさん出ていますし、トイレも近くにあるので便利です。

 

宮川橋から豊浜橋の中間地点
宮川を下流に進むほど混雑は減っていきます。

 

『ビジネス旅館 うなぎの川福』周辺
打上げ場所に近く、花火がよく見えるスポットです。
数は少ないですが、近隣のお店が貸し出す臨時駐車場を借りることができれば、車の中からゆったりと花火鑑賞ができます。

 

宇治山田高校周辺
シャトルバス降車場から徒歩10分
打ち上げ場所からやや離れるため、祭りの喧騒は味わえませんが花火はバッチリ見えます! 
混雑を避けられる穴場スポットですので、ゆったり見るにはおすすめです。

 

伊勢三郷山・展望台
展望台からは広大な伊勢湾を見渡すことができます。
伊勢三郷山は「森林浴の森日本100選」に選ばれた名所で、散策やハイキングに最適な山です。
山頂へはふもとから徒歩で約10分。眼下に広がる夜景と花火の両方を楽しみましょう!

 

 

 

ミタス伊勢の駐車場
伊勢市の中心街にあるショッピングモール ミタス伊勢は花火見物の絶好のスポットです。
24,000坪の敷地内には1,300台も収容できる広い駐車場があります。
敷地内にある「みたすの湯」に浸かった後にゆっくりと食事をしながら見ることもできます。

 

 

 

大仏山公園
人混みを避けたい人には大仏山公園での花火見物がおすすめです。
迫力の花火は見れませんが、芝生広場などある広大な公園で、レジャーシートを敷いてゆったり見られます。
打ち上げ場所からは少し離れていますが、高いものも低いものもキレイに見える穴場です。
人が多くないので場所取りもしやすく、帰りの渋滞の心配もナシ!
駐車場は無料。ペット可の公園なので、ワンコと一緒に見物することもできます。
地元の人は午後3時頃から場所取りに向かうようです。
蚊が多くて大変なので、虫除け対策は必須です。

 

 

 

伊勢志摩スカイライン(有料)
花火も夜景も楽しみたい!という贅沢な人にはこちらの伊勢屈指のビューポイント、伊勢志摩スカイラインがおすすめです。
伊勢料金所から山頂の中間地点にある「一宇田展望台」からは、伊勢の夜景と空高く打ち上げられた花火を眺めることができます。
花火大会開催日は22時まで営業時間が延長されます。
軽自動車・小型自動車・普通自動車の通常料金は1,250円です。

 

伊勢神宮花火大会2016 まとめ

地元伊勢では「宮川の花火」と呼ばれ親しまれ続けてきた伊勢神宮奉納の花火大会。

秋田県・大曲の花火、茨城県・土浦の花火と並ぶ日本三大競技花火大会のひとつですから、全国屈指の花火師たちが腕と心意気を競い合います。

宮川の花火は、7月中旬で全国的にも早期に開催される花火大会です。
この伊勢神宮の花火大会で夏を先取りするのもいいですね!

伊勢はアクセスも良いので、ぜひ訪れてみてください。

 

翌週7月18日の月曜日が「海の日」で休日のため、花火大会は三連休の初日です。
せっかくですから、ホテルに泊まってお伊勢参りをされるのもおすすめです。

花火大会会場近くの外宮周辺や伊勢市駅周辺のホテルとお伊勢参り観光スポットを紹介していますので、こちらも合わせてご覧ください。

→伊勢神宮花火大会とお伊勢参りのホテル地図とおすすめスケジュール

 

スポンサードリンク

 - 伊勢神宮花火大会 , ,